葉酸とはいったい何なのか

葉酸不足が赤ちゃんに与えるリスク

ホウレン草から発見されたことでその名が付いた葉酸ですが、これを取り入れることで私達の身体にどんな好影響があるのでしょうか。

葉酸はその名の通り、濃緑色野菜や葉系の野菜に多く含まれている栄養素です。葉酸はビタミンと一緒に摂る事で体内でその効果を発揮してくれます。葉酸の成分には、通常の状態であればガンや貧血の予防効果があります。体内での赤ちゃんを育てる為の血液の精製や細胞の成長の助長してくれるため、妊娠前後の女性には通常時の倍程度の葉酸が必要と言われています。

葉酸が不足することで胎児としての赤ちゃんに与える影響は大きく、神経管閉鎖障害を起こすリスクが高まることが分かっています。この神経管閉鎖障害とは、赤ちゃんの脳や脊髄に通じる神経管に先天性の障害が出てしまうというものです。また、この神経管が作られるのは、妊娠のごくごく初期段階であるため、妊娠前からの摂取をおすすめします。妊活中の女性にも、着床率が向上する・子宮内膜の安定した強化作用があるということで積極的に取り入れる人が増えています。

しかし、この葉酸を食事としてだけで摂るのはかなり困難です。その理由は葉酸には熱に弱いという性質があるためで、調理をすることにより熱を加えてしまうと、葉酸としての効果が大幅に薄れてしまうのです。そのため、より凝縮された成分となったサプリメントでの摂取をおすすめします。

ページのトップへ戻る