葉酸とはいったい何なのか

葉酸を摂取して妊娠に備えよう

健康で元気な赤ちゃんを産みたい。それは妊娠を望んでいる全ての女性に共通する願いです。妊娠したら赤ちゃんの健康のために栄養に気を遣うのはもちろんですが、妊娠前から積極的に摂取しておきたい栄養素のひとつに葉酸があります。健康的な妊婦生活を送るうえでも葉酸は必要不可欠です。妊娠前から葉酸を摂取することの重要性について詳しく解説いたします。

葉酸とは、ビタミンB群の一種で、ホウレンソウ・アスパラガス・アボカド・レバー・納豆等に多く含まれています。主な働きは赤血球を作る事で、貧血予防に役立つ栄養素です。妊娠中は葉酸が不足しがちになるので、通常よりも約2倍程の量を摂取する必要があり、不足すると神経管閉鎖障害のリスクが高まります。神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄の基になる神経管に障害が起こり、下半身麻痺や奇形といった先天性異常が生じるものです。神経管は妊娠初期に形成されるため、この時期に葉酸を充分に摂取する事で神経管閉鎖障害を予防する事ができます。

しかし、いつ妊娠するかは人によって全く違います。よって、妊娠を考え始めた段階から意識して摂取する事が重要なのです。また、葉酸は乳幼児の発育にも大きく関わってくるので、授乳中も継続して摂取しましょう。

葉酸は食品から摂取する分に関しては過剰摂取しても問題ありません。ただし、体内で蓄積されにくいので、足りないなと思ったらサプリメントを活用するのもおすすめです。

ページのトップへ戻る